デオドラントシートで汗の臭いを軽減できる?効果的な方法はある?

汗をかきやすい夏場はもちろんのこと、服を着込んでしまう冬場も体臭は気になります。
毎日お風呂に入っていても、外に出て活動していれば誰でも汗をかきます。そんなとき、日中の体臭にすぐに対応するのは難しいですし、本当は汗をかいたときにすぐ体を拭くことができたら理想です。
そんなときは簡単に使えるデオドラントシートがお勧めです。脇や首など気になる部分をさっと拭くことができて、汗が嫌な臭いに変わってしまう前に対処することが出来ます。一日何回も行いたい体臭対策だからこそ、手軽に使えるデオドラントシートは便利に使うことができます。

鞄に一つはデオドラントシートを入れておきましょう

デオドラントシートは、スプレーやクリームなどと違い簡単に利用できます。ポケットティッシュのように鞄の中に入れておくことができるし、1枚ずつ使いたい分だけ使うことができます。また、どこでも手に入ることもデオドラントシートを活用するメリットです。コンビニやドラッグストアにいけば、いろいろな種類のデオドラントシートが販売されています。自分の臭いが気になったとき、もし手元になくてもすぐに手に入れられるのは、大きな安心感です。
サイズも小さいものから大きいものまで様々なものがあります。短時間にちょっと使うだけなら小さいものを、タオルの代わりのように使うなら大きいものをと、用途に合わせて選べるのも、デオドラントシートならではの良さです。

汗はすぐに拭き取るのが大切です

汗自体には、本来きつい臭いはありません。みなさんが汗の臭いだと思っているものは、汗などによって活発になった皮膚の常在菌が発する臭いです。そのため、汗をかいたままにしておくことが、体臭の原因になるのです。
かいた汗をすぐに拭くことが大切である以上、デオドラントシートをこまめに使うことは体臭対策のポイントです。すぐに、簡単に使えるものだからこそ、一日何回も行えます。
もし、これが面倒な対策だと、どうしても汗がそのままになってしまい、それが体臭の原因に繋がります。
また、汗自身にも臭いやすいものと臭いにくいものがあります。これは汗腺の状態によって変わってきますが、普段から皮膚の状態をきれいに保っておくことは、そのまま汗腺の状態を良くすることにも繋がります。

デオドラントシートは軽く拭く程度にしておく

汗の臭いが気になる気持ちから、またシート状になっているため、どうしてもゴシゴシと強く皮膚を拭いてしまいがちなデオドラントシートですが、強すぎると皮膚を痛めてしまいます。
本来の目的は、皮膚の汗を拭き取ることなので、軽く拭くだけでその目的は十分果たすことができます。脇など気になる部分だけに使うのではなく、全身をまんべんなく優しく拭いてあげることが大切です。
デオドラントシートの保管についても注意が必要です。開封したものは乾燥しないようにすること、またあまり長期間保管することも良くないので、開封したものは1シーズンで使い切るように心がけましょう。体を衛生的に保つためのものは、保管にも注意を払うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です