デオドラントクリームバーってなに?どんな効果があるのかまとめてみた

体臭の中でも一番気になるのは脇の臭いです。

自分は脇汗が多い方なので、デオドラントスプレーでは、一日中臭いを防ぐのは難しいようです。

以前は、銀イオン配合や、汗止め効果をうたったものを使っていました。

脇以外の部分、たとえば襟足とかには、充分に効果をえられたものの、脇の臭いばかりは、こまめにスプレーする以外方法が無く、トイレに行くたび、個室に入ってシューっという具合。

夏場は薄着で半袖であればスプレーするのもそんなに苦になりません。

でも、厚着の冬場もじわじわっと、そして暖房や緊張でどばどば汗をかくので全部脱いでスプレーってわけにもいかず…。

とにかく朝の着替えの1回で脇の臭いを押えたい、ということで使い始めたのが高密着のデオドラントのクリームバーです。

これを塗れば、朝から晩まで脇の臭いを抑えることが出来たのです。

わき毛があろうと高密着。汗でも流れないのがスゴイ

クリームバーを使って解ったことですが狙ったところに確実に塗れるし、手が汚れません。

そして、なにより高密着ですから一日中どっしりとそこに留まって臭いの元となる細菌の繁殖を抑えてくれている感じです。

ある意味パウダー配合のスプレーのサラッと軽い感じとは真逆で使い心地なので苦手と言う人もいるかもしれませんが、パウダーは汗と共にサラッと流れてしまう印象なので、体臭、特に、脇の臭いが気になる人、帰りの満員電車で、つり革なんてつかめないというような思いをしている人には、オススメの対策です。

朝、着替える時に、1回、クリームバー塗りこんで、夜まで臭いを気にしないで済むっていうのは個人的にかなり精神の安定につながっている気がします。

臭いの元の細菌が大発生…汗を拭いても臭いは残る。

うっかり対策を忘れてしまい臭いが気になりだしたときウェットティッシュで拭いてみたりしたものの服の方にも臭いは移っていますからすっきりというわけにはいきません。

脇の臭いの原因となる細菌はいろいろあるようです。

その中でもブドウ球菌はすごい臭いを発するんだとか。

ええ!脇にブドウ球菌が?それもちょっとの量でもかなり臭うらしいのです。

そういう菌を一定時間殺菌し続けるするのがデオドラント商品というわけでクリームバーを塗り忘れた脇では大量の汗をエサにして細菌が大発生。

時間が経つにつれて臭いが強まり、エレベーターの中で縮こまる羽目になりました。

自分の臭いが気になるタイプの人はもう、そればかりが気になって、仕事にも集中できないなんてことになってしまいます。

服にもしっかり高密着。洗濯時には気をつけて

わき毛が大量の汗にも負けない、どっしり密着のクリームバー。

朝に塗りこむのは脇の下ですが、一日、脇が服とこすれ合う間に高密着なクリームが服にもくっつくのは在りうることです。

でも、使い始めた当時は、その効果のほどに感動するばかりで洋服の方を忘れていました。

黒いインナーを洗濯した時に気づいたのですが、肌に当たる縫い目の部分に、白い汚れのようなものが、ぺったりとついている。

乾いた洗濯物なのに、脇の部分がちょっとしっとり。

でも、臭いは無いし肌に触れている服にだけくっついている?考えをめぐらせて、やっと気づきました。

これは一日頑張って働いたクリームバー。

思い至ってからはちょっとだけ工夫をしました。

洗濯する時、脇に当たる部分に液体洗剤をちょっぴり先塗りしておけば、キレイに落とすことが出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です