外出先で手軽に体臭の予防をする方法をまとめてみた

私は少しでも汗をかくと自分の臭いが気になって、すぐにトイレに駆け込み、携帯しているデオドラントスプレーでケアをするようにしています。

昔は夏の間だけでしたが、最近は冬でも発熱インナーなどを着ていて汗をかくことが増えたので、一年中スプレーを持ち歩いています。

汗を拭きとり、その上でスプレーをすると、しばらくの間はわきの下がサラサラになり、汗もかきません。

けれどしばらくするとまた汗ばんでくるので、そしたらまた汗を拭き、スプレーをする、そんな風にこまめに使用するようにしています。

スプレーを使用するのは臭い対策が一番の理由ですが、これをして「周りの人にも臭ってない」と思うと、精神的にも安心できるという面もあります。

デオドラントスプレーで一年中さわやかに

体臭の原因は汗をかくことでバクテリアが増殖し、その際に臭いが放たれるというものだと聞きました。

なので、夜や朝にどんなにお風呂やシャワーで汗を流して清潔にしていても日中の活動により汗をかけば、また臭いが発生します。

その体臭対策に最適なのがデオドラントスプレーだと思います。

デオドラントスプレーには臭いのもととなるバクテリアの増殖を抑えたり、殺菌したりする薬剤が含まれているとのことで、これを使い始めてからは自分では臭いを感じたことはありません。

また、デオドラントスプレーには香りのついたものも多くあり、体臭を抑えるだけでなく、その香りを楽しむことも出来ますし、いい香りがしていれば周りの人にもよい印象を与えられるのでは。

私は携帯用の小さめのものをバッグに入れて、体臭対策を兼ねて香水かわりに持ち歩いています。

外出先での体臭は周囲に気づかれているのか?

私は恥ずかしながらワキガ体質で、人よりも体臭もキツイ方だと思います。

なので、デオドラントスプレーでこまめに対策をするのは必須で、もししなければ、周囲の人に迷惑をかけてしまうのではないかと思っています。

実際、時々ワキガ体質の人と会う機会があったり街ですれ違ったりしますがすごい臭いを放っていて失礼ながら鼻をつまみたくなるほどです。

同じ体質の人間として「なぜ対策をしないのかなあ」と不思議に思ってしまいますが、もしかしたらケアしてるけど、不十分なのではないかとも思います。

なので、私は絶対周りの人に迷惑をかけるのがイヤなので、必要以上のこまめな対策を常日頃から心がけ、実行するようにしています。

時々面倒くさいなと思うこともありますが、周りの人にワキガ体質だとバレたくないし、体臭で迷惑をかけるようなことをしたくないので、がんばっています。

デオドラントスプレーの間違った使用方法で、肌トラブルに

汗を抑えるタイプのデオドラントスプレーは、簡単に言うと薬剤の力で汗腺の出口を塞ぐものです。

成分のなかには、収れん剤や抗菌剤も含まれており、一時的に汗を抑えることができますが、汗腺に無理やり蓋をすることになるので、過度な塗布は体温調節機能にも支障をきたすことがあるそうです。

また、皮膚に近づけ過ぎると、集中的にスプレーされた部分にかゆみや黒ずみなどの肌トラブルが生じるおそれもあるらしく、1ヵ所あたり3秒以上はスプレーしないようにしましょう、とのこと。

全身の臭いを消そうと思って体中にスプレーすると、汗で体内の熱を放出することができなくなり、熱中症のリスクが高まることもあるようなので、要注意です。

また、めんどくさがって汗を拭きとらずにデオドラントスプレーを使っても、効果が大幅に落ちてしまうことになるらしいので、必ず汗を拭きとってから使用するのがベストとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です