お出掛け前後にデオドラントスプレーをしていい香りに!

暖かくなって、少しでも運動すると汗をかくようになってきました。

何と言っても大前提は、しっかりお風呂に入り体を清潔にすることです。

そして、お出かけ前にまずはデオドラントスプレーをします。

脇はもちろん、胸や背中、足にもスプレーします。

首筋にもスプレーすることによって、自分でもほのかに香りを嗅ぐことができ、お気に入りの香りをつけていれば香水のようなアロマのような癒し効果があります。

こまめにスプレーすることで、臭いを落ち着かせることもできますし、周りにも臭いと思われることもなくなります。

汗をかいた後にスプレーすることは必須です。

汗のにおいをガードしながらもいい匂いに!

汗をかいてしまうのはもう仕方のないことです。季節柄、スポーツの後、仕事中でも汗をかけば臭いが気になるのは当たり前のことです。

汗の臭いを防ぐこと、また良い香りで汗の臭いをごまかせること、自分の好きな香りでリラックス効果もあることがメリットです。

自分でその匂いを嗅ぐことによって癒されると共に、しっかりとデオドラントスプレーの効果がまだあるのだなと実感できることです。

また、同じ空間にいる人達へ臭ってないかが気になる、恋人に臭いを我慢させているのではないか…などと気になるのはそこだと思います。

臭いが気になりすぎて楽しめないことがないように、香り付きのものがお勧めです。香水よりもライトな優しい香りなので、周りに匂いがきついと思われることもありません。

汗のシミがついてきた頃、臭いと感じたことはありませんか?

脇の場合、デオドラントスプレーをすることによってパウダーが汗を多少抑えてくれる気がします。

また、汗をかきそのままにすると菌が増殖し、嫌な臭いに変わってしまいます。

そのため、汗ジミや汗特有の臭いがしてしまいます。

元々そんなに汗をかいても臭わない人もいるかもしれませんが、それを放置するとやはり大変なことになります。

デオドラントスプレーの他にもロールタイプのもの、汗取りパットなども効果的です。

洋服に汗がついてしまう、それが乾かず臭う、また乾いても汗を吸った衣類は臭います。

そのためにも、衣類にデオドラントスプレーをかけると、ほのかな良い香りが漂い、悪臭を防止できます。

実際にやっている方法なので、効果はあると思います。

デオドラントスプレーは長時間噴射しすぎると危険!

これは、デオドラントスプレーを使う人なら経験があるかと思いますが、同じヵ所にスプレーを長く当て続けると凍傷の危険があります。

怪我をしたときに患部を冷やすコールドスプレーと同じことになってしまうので、気をつけなければなりません。

また、スプレータイプに関しては、パウダー成分が含まれているので顔の近くで使用するとむせてしまうことがあります。

臭いが気になるからといって、スプレーしすぎると逆効果になりかねません。

肌を傷めてしまったり、目や鼻、口から吸いこむこともあるので、少し気をつけながら使うことをお勧めします。

臭いを気にすると言うことは、美への意識があったり、周りへの配慮ができると言うことなので、おしゃれに素敵に使うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です